メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

多岐に渡るOPP袋の用途

透明のOPP封筒の用途は多岐に渡っていて、OPP封筒は書類を入れる封筒としての役割の他にも、いろいろな商品を入れて販売するケースとしての役割も持っています。

OPP封筒とは、ポリプロピレンという樹脂を縦と横の2方向に伸ばして透明なフィルムの状態にしたもので、最近ではCDやDVDのジャケットに使用されているので、ほとんど人は手にしたことがあると思います。

またOPP封筒はカタログやパンフレットを入れる袋としても利用されていて、よく街頭でそれらを配る時に利用されていて、裸でパンフレットやカタログなどを渡されるよりも、OPP封筒に入れて渡された方がすぐに捨てられないという効果もあると言われています。

紙製の封筒に入れてしまうと中身を見せることができませんが、透明なOPP封筒を利用することにより、一見して中身が何かを確認してもらえることになり、さらにすぐに処分されないという効果をOPP封筒は持っています。


その他にもOPP封筒はダイレクトメールを送るための封筒としても利用されていて、これも同じく中身を一見して確認してもらえるというメリットがあるため、開封率を上げて商品の購買率を高める効果があると言われています。


他にもOPP封筒は衣類やアクセサリーや小物を入れる包装用のケースとしても多用されていて、それ自体のコストもかなり安く抑えられるようになっているため、年々OPP封筒を利用する企業は多くなっていて、今後もいろいろな用途に採用されることは間違いないと思われます。