メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろな用途に使用されOPP袋

OPP袋は今ではいろいろな用途に使用されていますが、それはOPP袋に便利な特徴がたくさんあるからです。

OPP袋は透明の袋のことで、何と言っても透明度が高く中身を外側から簡単に確認できるというのが一番の特徴になっています。

OPP袋を使用すれば、書類や商品をそのまま伝えることができるようになります。

紙封筒に商品が入っているよりも、OPP袋に入れてある方が安心感を与えることができることになり、ディスプレイされた商品を袋に入れたまま販売することもできます。


透明袋には印刷もできるようになっているため、そこに会社名や商品名や商品の説明を入れることにより、それ自体を包装用の袋として使用することができます。

OPP袋に商品を入れると、外側から多少の衝撃を与えても、お客さんに触れられたとしても、中身を守ることができるというメリットもあります。

またOPP袋は耐水性に優れていて水を通さないため、雨の日には屋外でも商品を入れて販売することもできるようになっています。

急に雨が降っても商品を汚すことなく、最後まで商品を保護したままお客さんに届けることができます。

さらにOPP袋は防湿性にも優れているため、長年売れ残って商品でも湿気から守ることができるようになっています。


OPP袋の素晴らしいところは環境にも良いというところで、OPP袋は燃やしてもダイオキシンが発生しないため、商品パッケージとしてエコにも最適なものとして、多くの企業に採用されています。