メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

テープ付OPP封筒の有用性

OPP封筒には大きさや種類がいろいろありますが、OPP封筒には最初からテープが付いたものも販売されていて、テープ付のOPP封筒はテープ付でないものよりも値段は多少高くなりますが、封をする手間を考えれば非常におすすめの商品となっています。


紙封筒の場合は、糊やテープで簡単に封をすることができるようになっていますが、安定性がないペラペラの透明の袋であるOPP封筒は、不器用は人なら封をする作業も簡単ではないと思います。

特にその中に商品を入れて売り物にする場合は、お客さんに不快を与えてしまうことがないように、テープ付のものを利用することをおすすめします。

テープ付のOPP封筒であれば、ワンタッチで封をすることができるので、見た目がキレイというだけではなく、作業効率をアップさせることもできることになります。


テープ付のOPP封筒は、オフィス用品を販売しているお店やホームセンターなどに行けば容易に見つけることができるようになっていて、OPP封筒には大きさの種類もいろいろあるので、用途に合わせてサイズを間違いないように選んで購入するようにしましょう。

またOPP封筒にはテープ付以外にヘッダー付のものも販売されていて、ヘッダー付のものであれば、そのまま商品を入れてフックにかけてお店で展示販売することができるようになっています。

オフィス用品店でもホームセンターでもいろいろな商品を販売していますが、ヘッダー付でテープ付のOPP袋使って、その中に商品を入れて販売している光景は頻繁に見かけることができます。